レトロゲームばっかりのブログ!

ゲームソフトやDVD、古着などの賢い売り方。買取に出すタイミングとその動向のまとめ

ゲームソフトやDVD、古着などの賢い売り方。
買取に出すタイミングとその動向のまとめ


せっかくお店へ商品を持って行き査定してもらったら、あまりの安さにビックリ!ということはよくある話で、事前に買取価格を調べることができれば、そのような事もある程度防げるかと思います。

ここでの「ある程度」とは基本買取価格は分かっていても査定基準が分からなかったため、商品状態により半値になってしまったとか、最悪買取不可になった、なんてことになったら、時間と労力の無駄に終わることになりますので事前に査定基準を確認しておくことが必須となります。

なので電話やメールでの問い合わせだったら必ず担当者の名前を聞いて念を押すことをお勧めします。
大手チェーンでは基本的な確認作業は統一されているものの、細かな査定判断が完全に同じでは無く、ある人は査定が甘い、またある人は査定が厳しいということもよくあるからです。


また、査定基準に関しても”あいまい”な表現に注意しましょう。
明らかにおかしい例を挙げてみますと「ディスクに傷があっても減額無し」というお店もありますが、どの程度までの傷なら減額無しということか利用者には分かりません。
もし研磨修復が不可能と思われる動作に影響する深い傷でも減額無しだとしたら、やがてお店は潰れてしまいます。
お店が成り立つ上で考えれば、一定の傷の度合いまでだったら減額無し、ということに間違いありません。
もし傷だらけのソフトだった場合は事前に必ず確認を取るようにしましょう。

問い合わせ例:「「ディスクに傷があっても減額無し」とはディスクのデータ面のことですよね?
傷が深くても減額無しということでしょうか?」

もう1つ肝心なことがあります。
それは、個別の買取明細を発行してもらえるかということです。
もし減額など生じた場合、1点ずつの買取価格が分からず合計でいくらというシステムでは、決して納得した買取とは言えないでしょう。
そもそも買取とはお店側とお客さんが双方で納得して初めて成り立つシステムだからです。


ここまでのポイント

・査定に出す前に買取価格を1点ずつ調べる、または教えてもらう
・お店の査定基準を確認する
・あいまいな表現をしている箇所は必ず確認を取る
・個別の明細を発行してもらえるか確認をする





買取価格の変動について基本的な解説。

たまに、「このゲームはこんなに面白いのになんでこんなに安いのか!?」ということを耳にすることもありますが、買取価格はそのゲーム内容で決まるのではなく市場にどれだけの数が流通しているかで決まります。
例えばファイナルファンタジーではゲーム性が非常に優れており万人受けする面白さがあります。
ですので、当然販売数も非常に多く市場にかなりの数が出回っています。
そのようなソフトについては時期が経てば経つほど、間違いなく買取相場が下ることとなります。

ファイナルファンタジー7
これだけのゲームを安く買えるのはいいけれど売りに出すときは雀の涙・・・。


しかし、一部例外も存在します。
それは、スポーツゲームなど1部のファンに支持されているソフトで、このジャンルについては何故かゲーム性やジャンルが強く関係して買取価格が決まる傾向があるように思えます。
発売日から短期間で下落率が大きいため少しでも高く売るには早めの売却をせざるを得ない状況となっています。
最近ではお店側もそれを把握しているので利率を大きくすることでリスク回避を図っているところも多くなってきました。
利率・・・2000円買取で3000円販売=1000円の利益(利率)

では、ファイナルファンタジーとは逆に面白くなく売れなかったソフトについてはどうでしょうか。
これも、もちろん市場に出回った数で相場が決まります。
誰も知らないようなソフトでも生産数が多ければどこかにそれだけの物があるので、面白くないのに物が有り余ってることになるので「ファイナルファンタジー」より更に状況は悪くなります。

・ゲームは面白いが市場にかなりの数が出回っている → 最低限の買取価格が付く
・ゲームが面白くなく市場にかなりの数が出回っている → 最悪買取不可

この違いを比較してみると単にゲーム性だけではなく、どれだけのお客さんが欲しているかにも影響されることが分かります。


それでは時期が経てば経つほど価値の出るソフトとはどういうものでしょうか。
ずばり、希少性、生産数が少ないことが1番のポイントです。
その他にも多少価格に反映する要素がありますが、それは割愛させて頂くとして、やはり希少性、これに尽きます。
また、あまりに珍しすぎて価値が分からず安い査定を提示することも考えられるので、事前に色々なお店で調べてみる必要があります。

尚、余談になりますが、以前SEGAサターンの「バーチャファイター」に妙な動きが感じられました。
このソフトは当時約180万本を販売したことでも有名な大ヒット作で現在でも市場に多くの数が流通しています。
その「バーチャファイター」を何者かが買い占める動きを感じ一時期市場では通常の5割高で買取することもありました。
しかしながら現在amazonでは1円価格で販売(送料を入れると実際は351円)で240本程度。
実際には1つの店舗が複数個所持していると思うので、それ以上の本数が有ることは確実で現在は価格も落ち着いています。
もちろん、amazon、楽天、ヤフーショッピングなどに表示されている個数を全て買い占めれば全部自分の物になる訳ではなく、まだかなりの数が流通しているでしょう。
目的は不明ですが、もし相場操作のために買い占めを行っていたとしたら、相当難しいかと思われます。
このような2度と起こらないような価格上昇期もあるので、できるだけ売り時を逃さなようにしたいものです。


ここまでのポイント

・生産数が少なく珍しい物は高く売れる
・メジャーな物は時期が経てば経つほど安くなる





価格相場と変動の兆候を見極める

正直、これが正確に出来たら苦労はしません。
ただ、上記で説明したことを踏まえて概ね予想はできるかと思います。
分かりやすいところでは、TVCMでガンガンやっている商品についてはファイナルファンタジーと同じ結果にたどり着く可能性が大きいでしょう。
また、雑誌などでも大々的に取り上げられていたり、ネット上でも話題になっている商品についても同様です。
そのような商品については、できるだけ早期に売りに出すのが高価買取の秘訣となります。
メーカー側は売れれば大量に生産することが目に見えていますから。

あとは、未来を見据えて自分なりの予想を立てることも非常に重要です。
過去の例を挙げると、もうすぐファミコンが誕生してから20周年になるという時期の頃、再びブームが起こると予想した人はどれだけいたかは分かりませんが、その手前で手放してしまった人は苦い思いをしたことでしょう。
更に中国の方の爆買いをいち早く察知していたら、それだけでも相当な利益を生んだ可能性も否定はできません。
事前に商品を買っておき、品薄になり価格が上昇したら売る。
これだけでも相当な利益となったはずです。
かく言う私も当時200円で販売していたゲームソフトが今では買取で10000円近くまで上昇しておりやりきれない思いでいっぱいですが(笑


では、いかにして損をしない売り方、更には利益を出すにはどうしたらいいかを考えてみましょう。




損をしない売り方、利益の出し方

簡単にまとめると以下の2点に集約されます。

・商品相場の変動に異常がないか注目する
・経済面に目を通し目的とするカテゴリの変化や情勢を確認する

上記のことを踏まえ予想を立てる。

「まるで株のようだな」と知人は言うけど自分に言わせれば、それと何も変わらないと思ってます。
上手く行けば利益さえ生んでしまうことも可能なので、買取相場を気にせずにはいられないというのが当然でしょう。
ですので、毎日の買取相場が分からなければならないのは当然のこと、更には過去のデータも材料として欲しいので、可能な限りこちらでデータ化したものを公開しております。
※基本ベースは全国相場となり、そこから在庫などに応じて若干の変化が生じています

買取価格相場グラフ

当サイトは買取販売も行っておりますが、もちろんデータの閲覧だけのご利用も歓迎しております。
是非ご活用ください。

またシステムにつきましてご意見ご要望などございましたら、こちらよりお問い合わせをお願いいたします。
可能な限り対応させていただきたく思います。



余談になりますが

amazonで販売されいる価格は相場を元に設定されているか?
という疑問を持つ方もおられるかもしれません。
そこで簡単な見極め方を記します。

販売している個数が1~2個しか出品されていない場合、ショップ名や評価は問わずその価格は信用できない場合があります。
amazon内では販売が少ないだけで全国相場からすると販売価格の10分の1以下なんてこともよくある話です。
全店がamazonを利用している訳ではないので、amazonだけで判断せずグローバルな視点で解析していくことが重要となります。

例えば、あるアイテムの販売価格を2店が20000円、19800円とそれぞれ設定していている状況で、突然もう1店が1480円で出品するということも多々あることはamazonユーザーならご存じの方も多いのではないでしょうか。
ですので、もし最初の20000円で購入してしまったら目も当てられません。
(後に20000円で出品していたお店は価格を下方修正)
私は仕事柄価格をチェックすることが多々あり、経験上このようなパターンはDVDソフトで多く見られます。

近年は不況続きなので、皆様も賢く損の無いお買い物や買取をして頂ければ当方も記事にした甲斐があります。





投稿日:2017年07月12日

 
前の記事へ

最新の記事 3件